カリキュラムについて



Q:国泰寺高校定時制を卒業するための条件を教えてください。
A:卒業するための条件は次のとおりです。
(1)通算で高等学校の在籍期間が3年以上であること。ただし、休学期間を除く。
(2)必履修科目を全て履修していること
(3)修得単位が74単位以上であること。
Q:履修の認定とは何ですか?
A:履修の認定とは,該当科目について,出席時間数がある一定の時間数を越えた場合をいいます。欠席が多く、出席時間数が一定の時間数を超えなかった場合は、本校定時制ではその科目を履修したと認めていません。
Q:必履修科目とは何ですか?
A:文部科学省が定めた、高等学校を卒業するまでに必ず学習しなければならない科目です。卒業に必要な単位を満たしていたとしても、必履修科目を履修しないと高等学校を卒業することはできません。
Q:単位とは何ですか?
A:学習の量を量るもので、1週間に1時間(50分)の授業を、1年間(35週)続けると「1単位」と数えます。1週間に2時間ずつでは「2単位」、3時間ずつでは「3単位」、4時間ずつでは「4単位」となります。具体的には、1単位の科目は、1年間に、50分×35週=1750分、授業を行うことになります。
Q:修得とは何ですか?
A:修得とは、該当科目について、履修の条件を満たし、日頃の学習成績が良好で、なおかつ、原則として定期考査をすべて受験し、単位を認定されることをいいます。
Q:国泰寺高校定時制以外の学校で取得した単位を認めてもらうことはできますか?
A:入学前に在籍していた高校等で取得した単位については、本校定時制のカリキュラムに照らし合わせて、そのまま認定するか、もしくは、共通する科目に読み替えて認定しています。その他に、「英検」「漢検」「ワープロ検定」などの知識技能検定に合格している場合、本校で取得した単位の増加単位として認めることができます。また、「大学入学資格検定」(平成17年度からは「高等学校卒業程度認定試験」になります)の合格科目を本校の単位として認めるという制度もあります。
Q:全日制の高校から国泰寺高校定時制に編入学できますか?
A:条件が合えば、次の手順にしたがって手続きを進めていきます。
 (1)希望者が在籍する高校を通じて本校定時制に照会する。
 (2)入学定員の空きを確認して出願の手続きを進める。
 (3)願書と成績証明書を提出する。
 (4)編入学試験を受験する。
 (5)単位取得状況を審査して、それに相当する年次と同等の学力があると認められれば、編入学を許可される。
  前校で取得した単位は、原則として、本校の卒業単位として認定することが可能です。ただし、本校の卒業単位にその  まま移行できる場合と、読み替えしなければならない場合とがあります。所属する年次については、前校における単位  取得状況によって異なります。
Q:全日制の高校と授業内容の違いはありますか?
A:本校定時制は単位制の普通科高校です。授業の内容は、全日制の高校と同じように、授業中に先生が説明をしたり、生徒が質問したり、発表をしたりします。また、教科によっては宿題を出すこともあります。